カラーコンタクト 安全

カラーコンタクトの安全性について

カラーコンタクトレンズの安全性はどうなのか気になる人も多いかと思います。

まず、コンタクトレンズのそもそもの使用目的は視力補正を目的としたものでした。

当然のことながら、以前は眼科受診をしてからコンタクトレンズの装着などもその場で何度か確認して、購入するものでした。

医療用品という性質だったことから、保険証をもっていかねばならないことも古くからコンタクトレンズを使用している人はご存知のことと思います。

それでも、コンタクトレンズは確かにリスクの高いものであり、就寝前にははずすことが前提でした。

カラーコンタクトレンズはいまや通販で購入することも出来るものとなりましたが、以前はカラーコンタクトも必ず保険証を出して視力補正用と同じようにして手に入れるものでした。

しかし、現在では視力補正をしないカラーコンタクトは気軽に買えるいわば、医療用品ではないものも多く存在するようになりました。

そのことによって初めてカラーコンタクトを使用する人が使用方法を間違えることも多くなって事故が発生するようになったのです。

要は、きちんと使用方法を視力補正用のコンタクトレンズと同様に守ってさえいれば安全性が低いものではない、ということになります。

例えば2週間連続使用していいですよ、というコンタクトレンズであっても、通常はレンズを洗い、寝る前にはきちんと保存液にひたしてそしてまた翌朝使うということが長年コンタクトレンズを利用している人にとっては当たり前なのに対し、視力補正の必要のない人は、ずっとつけていいんだななどと勝手に解釈してしまうのです。 目という粘膜につける衛生的でなくてはならないものですから、きちんと取り扱いをすれば危険なことはないといえます。

コンタクトレンズを使用している場合は目が乾きやすくなるので、コンタクトレンズ用の目薬を使用するなどの注意もしてドライアイになるのを防ぐ必要もあります。

こうしたことから、カラーコンタクトレンズの安全性とはレンズではなくて使用者にゆだねられているということが分かります。

Fall in Eyez


協力資料:カラーコンタクトの人気の通販